いまでも旅行代理店から予約できるのか

インターネット予約がメーンの時代

チケット予約は公式ホームページでの予約が基本になってきていますが、昔ながらの旅行代理店で購入する方法もあります。

ネットからの予約は自信が無い、ネット上で個人情報を入力するのは不安という方は、窓口販売でチケットを購入すると良いでしょう。

ジェットスターを始め、国内のLCCのチケットは旅行代理店でも販売しています。

旅行代理店なら、スタッフがこちらの要望に合わせてチケットを探してくれるので、自分で探す手間が省けます。

しかもLCCならチケット代金がリーズナブルなので、費用が浮いた分をホテルの予約に回すといったことも可能です。

窓口でチケットやホテルの予約が完了するので便利です。

まずは電話で確認

ジェットスターのチケットを扱っているかどうかを確認するには、電話もしくはネットを利用します。

既にどの旅行代理店から購入するかを決めているのであれば、電話を入れてみてジェットスターのチケットの取り扱いがあるかどうかを確かめておくとよいでしょう。

チケットの取り扱いがあるなら、窓口で毎日の価格をチェックすることも可能です。

座席の予約以外にも、ジェットスターを利用するツアー商品が販売されていることもあります。

ツアー商品はチケットとホテルを手配するよりも割安になる場合が多くねらい目です。

旅行代理店経由で申し込む場合、取扱手数料がかかります。

この分だけ割高になる可能性があるので、申し込む場合には注意が必要です。

旅行代理店によってはポイントがたまる場合もあります。

ポイントは旅行券などに交換可能なので、その分だけお得になります。

ツアーの場合は直前割などを利用することで、旅費を大幅に抑えられます。

DeNAトラベル

ネット系の旅行代理店から申し込む方法もあります。

DeNAトラベルなら、国内LCCの取り扱いがあり、ジェットスター以外にもバニラエアやピーチの座席予約が可能です。

それぞれの値段を比較して、より安い航空会社を選択することができるでしょう。

DeNAトラベルは時折キャンペーンを実施しています。

うまくキャンペーンを活用すれば、航空券代などが割安になります。

ケースバイケースですが、旅行代理店価格がLCCの正規料金を下回ることもあります。

ジェットスターの格安航空券を探している場合は、LCCの料金と旅行代理店とを比較して決めることが安く購入するためのポイントです。

DeNAトラベルは会員向けのセールを実施することもあります。

事前に会員登録を済ませておけば、すぐに予約ができるので便利です。