予約の変更方法

予定が変更になった場合

ジェットスターの格安航空券を予約した後に変更する場合、どのようにしたらよいのでしょうか。

LCC各社は格安航空券の変更について条件付きで認めている場合があります。

ただしセール対象運賃については
変更や払い戻しを一切受け付けない場合があるので注意が必要です。

前もって予約後の変更について理解しておけば、失敗する心配がありません。

ジェットスターの予約の変更はすべてWEB上で行います。

変更する場合は、予約番号とパスワードを準備は必要です。

公式ホームページの予約の変更ページで変更が可能です。

予約番号とパスワードなどを入力してください。

交換というわけにはいかない

変更する場合に注意したいのが航空券の値段です。

変更希望日の運賃が変更前の日程よりも高い場合、差額分を支払うことになります。

それとは反対に変更希望の日程の運賃が変更前よりも安い場合、差額分の返金はありません

変更する場合には、航空運賃の差額は確認してください。

また手数料がかかりWEBサイトとコールセンターで異なります。

コールセンターや空港で変更する場合の方がWEBサイトで変更するよりも高く設定されています。

ちなみに2016年12月現在でWEBサイトからでの変更手数料は3240円です。

そしてコールセンターや空港での変更手数料は4320円です。

差額分の運賃に加えて、変更手数料が余分にかかってしまうので、予約段階で慎重に考えることをおすすめします。

それ以外にもクレカ、コンビニ支払いなどの際に利用手数料が加算されます。

ちなみに航空券の差額分が0円の場合でも、少なくとも3000円以上の手数料がかかることを覚えておくとよいでしょう。

ギリギリでもOKなジェットスター

ジェットスターの予約変更はチェックイン直前まで可能です。

空港カウンターに着いた時に緊急事態が発生し、どうしても予約を変更しなければならない場合も、チェックイン前なら変更できます。

この場合もスマートフォンからジェットスターのWEBサイトにアクセスすれば、チェックインカウンターよりも割安な価格で変更ができるのでおすすめです。

手数料がかからない変更方法もあります。

それは予約時にStarter PlusもしくはStarter Maxを申し込む方法です。

予約時のお金はかかるが、運賃の差額分のみで変更が可能です。

もし先に予約を行い、後になってから変更する可能性があるなら、Starter PlusもしくはStarter Maxで予約をしておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です