韓国旅行へ行くならwifiレンタルも検討しては?

空港がもっとも便利

WIFIレンタルは日本の空港で受け渡し可能なサービスもあり、とても便利です。

もちろん韓国の空港でもレンタルを実施しています。

比較すると韓国のほうが若干安価ですが契約時間などのことを考えると時間節約のために日本の空港で手続きをしたいところです。

韓国のWIFI事情ですがフリーWIFIスポットはあまり多いとはいえません。

どちらかというと日本と似ている感覚です。

WIFIの提供がなされている場合もありますが、基本的にパスワード入力が必要で自由に使えるものはごく稀です。

デジタル先進国と言われている韓国ならきっと街中でも自由にWIFIが使えるだろうなんて思っていたら大きな間違いです。

自由にWIFIを使いたいならなんらかの方法を検討する必要があります。

例えばソウルであればソウルの通信会社が提供している短期滞在者向けの有料WIFIスポットがあります。

有料ですがこのWIFIスポットは日本のNTTのような通信会社が提供しており、電波についても心配無用です。

KTという通信会社は「olleh WiFi」を提供していますし、SKTという通信会社は「T wifi zone」を提供しています。

このように通信会社が提供している有料WIFIスポットはけっこうあります。

このサービスは長期契約者も活用し利用しています。

利用登録についてもとても簡単でコンビニや通信会社ですることが可能です。

WIFIをレンタルした場合とどういった差があるのか?というとWIFIをレンタルした場合エリアに制限があることがあります。

WIFI提供エリアであれば問題ありませんが、ちょっと郊外に行く場合や電波状況があまりよくないエリアだとWIFIの電波がない可能性もあるわけです。

自分の行動範囲と照らしあわせて検討するといいでしょう。

WIFIレンタルは複数人での利用もおすすめです。

友人ら2、3人と共に行動する場合1台のWIFIレンタルでみんなで共有することが可能です。

基本的に同じところを行動するならこうした方法もあるわけです。

韓国ではWIFI利用についていくつかの方法があります。

できれば日本でWIFIをレンタルして観光旅行に専念したいといった人は、日本の空港あるいは自宅宅配便でレンタルをするといいでしょう。

韓国旅行に出発予定の方も空港でレンタルWIFIを借りている様子が多く見られます。

今のところレンタルWIFIが主力といっても過言はないです。

韓国でもwifi状況は把握しておきたい

近くても準備は怠らず

韓国は近いから国内旅行感覚で行くと残念な結果になることもあります。

旅行では準備がとても大事です。

現地に着いてあれがないこれがないとなるとテンションが下がってしまいます。

そうしたことも踏まえてどういったものが必要かリストアップしておいたり、周りの人はどういった準備をしているのかチェックしておくことは大事なポイントです。

そのなかでもスマホでネットがつながるかというのが最も重要です。

いまや観光スポットやグルメスポットはWEBサイトで多数掲載されているのでそこを見ながら観光する人が多いからです。

WiFi事情について確認しておきましょう。

韓国の通信環境

韓国はWiFiを利用する方法がいくつかありますが、基本的に無料で利用できるスポットは限られています。

滞在先のホテルやカフェ程度です。

その他のスポットでWiFiを利用したいなら、有料でレンタルしたりなんらかの対策が必要となります。

例えば韓国のコンビニではWiFiの利用券についても買えますね。

こちらの利用もおすすめです。

韓国の通信環境

韓国には日本のようにいくつかの通信会社があります。

olleh(オッレ)WiFiについても韓国の通信会社が提供しているWiFiSPOTです。

こちらは「利用券(韓国語でイヨンクォン)」と言えば通じます。

プランについても確認しましょう。

ここの利用券はカードで受け取りではなく、レシートで受け取りとなります。

レシートに12桁の数字が書いているので、これがPINコードとなります。

olleh WiFiの利用券を購入したら、olleh WiFiのスポットへ行ってみましょう。

そしてolleh WiFiをセレクトします。

olleh WiFiのページが表示されるので、そこの画面にPINコードを入力しましょう。

ページは日本語表示もできます。

これは便利ですね。

韓国のコンビニはolleh WiFiの提供スポットが多く見られます。

olleh WiFiの利用券を買うのが無難でしょう。

カフェでWiFiを利用したい人もレシートにパスワードが掲載されていることが少なくありません。

パスワードが書いてあるかレシートを見てましょう。

カフェで提供されているWiFiは無料で利用することが可能なものが多く見られます。

有料で限られた時間のみの利用を検討しているなら、まとめてインターネットを利用する場合カフェへ行くのも1つの手段です。

コーヒーをのみつつゆっくりインターネットをするのも良いですね。

WiFi環境については店舗でも積極的に取り組んでおり、スポット提供を実施しています。

韓国のカフェのWiFi事情はけっこう良いと言えるでしょう。

韓国旅行を計画している人はぜひ参考にしてください。

韓国のwifi事情に迫る

土日にサクッといける国

韓国旅行は週末を利用して行くことも可能であり、行きやすいスポットでもあります。

格安ツアーなども多く金額的にも気軽に行ける場所です。

そんな韓国ですがWi-Fi事情についても気になるところです。

旅行者が利用する場合、レンタルや日本の通信会社を利用するなどいくつか方法があります。

できればあまり費用をかけずにかつ自由度がきく方法で利用したいといった人も多いことでしょう。

日本人が韓国旅行でよく使うのはレンタルです。

これは韓国の通信会社がWi-Fiスポットを提供しているエリアで利用できるもので、携帯電話同様かばんの中に入れて持ち歩くことが可能であり、大概のスポットで利用できるサービスです。

日本の通信会社のインターネット接続のような感覚で問題ないかと思います。

短期で利用できるサービスであり、1日のみや2泊3日など自分の旅行期間にあわせて利用することが可能です。

これだとスポットを気にせず韓国の至るところでインターネット利用が可能となります。

レンタルするなら

Wi-Fiレンタルですが、ソウルはポケットWi-Fiや携帯Wi-Fiなど日本と同じです。

日本や韓国の空港ではWi-Fiレンタルを実施しているのでそちらを活用することをおすすめします。

韓国で借りると日本で借りるよりも安くレンタルすることが可能なケースも多いようです。

1日あたりのレンタル料金は8,000ウォン前後となっています。

韓国では日本語が通じるところも多いので、言葉の面でも比較的安心して借りることが可能です。

最近は中国人観光客が多く韓国を訪れているため、中国語表記が増えています。

端末を持ち歩くのが面倒ですが、旅行ではこれもしょうがないことです。

またポケットWi-Fiはスマホとさほどかわらないサイズなので持ち歩く際もなくさないように、注意しましょう。

バッテリーについても気になるところです。

バッテリーは8時間前後持つものがほとんどです。

外出先から戻ってきたらすみやかに充電することをおすすめします。

可能であればレストランなどでも充電するといいでしょう。

韓国のWi-Fi事情ですがレンタルWi-Fiが無難かと思います。

常にインターネットが必要といった人でないなら、ホテルのWi-FiやカフェのWi-Fi利用のみでも問題ないかと思います。

韓国旅行は楽しいスポットが多いことでしょう。

皆さんにとって良い旅行にしましょう。

海外旅行で大事なものの1つがwifi事情

スマホやパソコン必須の人は

韓国旅行を控えている人はWiFi事情も気になっていることでしょう。

現地でもインターネット環境が必要な人にお役に立てれば幸いです。

まず日本と同じくカフェなどでWiFiが利用できます。

その一方、ソウルの地下鉄ホームは残念ながらWiFiスポットはほとんどありません。

韓国の電話SIMでないとつながらないケースがほとんどです。

これはちょっと意外ですね。

インターネット先進国

韓国は世界でもトップクラスのネットサービスがありデジタルに強いです。

しかしWiFi事情については意外と限られている国でもあります。

この点は日本ともちょっと似ているかもしれません。

まず旅行前にWiFi事情をはじめ、スポットについても目を通しておくといいでしょう

メディアではWiFi普及もトップクラスといったことが掲載されていますが、旅行者が利用できるスポットは実はけっこう限られています。

東京では完備されていますが地下鉄ホームは提供されていませんし、スポットについても限りがあります。

どういった場所で提供されているのかというとレストランなどの商業施設や観光スポット、公共交通機関などで提供されています。

これらの限定された場所だけでWiFiを利用するであれば特段レンタルWiFiを借りる必要はないかと思います。

韓国は日本と契約形態が似ており、インターネット契約がない状態やパスワードを入力しない状態でインターネットを利用できるところはあまり多くありません。

セキュリティ面の問題で規制が厳しくなりつつある

以前はもっと自由にWiFiを使えたようですが、現在は規制も厳しくなりつつあります。

ソウルについてはWiFi事情が年々変化しており、自由度は低くなっているようです。

街中で気軽にWiFiが利用できるなんて思っていたら、大きな間違いです。

これはかなりまれなことで街中でWiFiを利用したい人はそれなりに準備が必要です。

SIMの準備やレンタルWiFi、海外でも利用できる通信ツールの準備のいずれかとなります。

街中にWiFiスポットはいくつかありますが、ほとんどパスワード入力が必要なものばかりです。

韓国旅行ではWiFiの利用頻度でSIMなどの準備をするか、あるいはカフェやホテルなどのWiFi利用のみで間に合うのかなど検討することが大事です。

日本と同じような感覚でWiFiについて考えるといいでしょう。

韓国旅行に行く前にWiFiも含めて事前準備を進めておくことをおすすめします。

韓国のカフェはwifiが利用できるのか?

気軽に行ける勧告旅行

まもなく韓国旅行を控えているといった人もいることでしょう。

韓国は日本からも行きやすく、中には年に何度も行くといった人もいることでしょう。

時差もほとんどなく移動についても羽田からソウルまでの時間は新幹線での東京から大阪間くらいです。

人気の理由のひとつがこの近さです。

そんな韓国ですが、いま欠かせないのが「WiFi事情」です。

スマホやタブレット、パソコンが手放せない人にとってこれは重要なポイントでもあります。

日本と変わらない生活スタイルのための環境

WiFiはインターネットに関するものと漠然としたイメージのみしかわからないといった人もいることでしょう。

そもそもWiFiって一体何なのか知りたいといった人もいることでしょう。

WiFiとはインターネットの電波であり、無線で使えるスポットとのことを言います。

インターネットを利用する際、LANの線を使って利用する有線LANと電波を利用する無線LANがあります。

無線LANを利用すれば出先でもスマホでインターネットが可能です。

3Gや4Gと何が違うのか

べつにWiFiがつながらなくてもスマホはつながるんじゃないかと思う人もいるでしょう。

ふだんスマホとつながっている3Gや4Gなどはdocomo、au、SoftBankなどが設置している基地局を使用して通信できるのです。

そのため海外になるとインターネットができなくなるのです。

海外でもWiFiを利用すれば無料でLINEやその他インターネットツールのやり取りが可能となります。

WiFiについては通常パスワード設定がなされています。

パスワードについても確認しましょう。

中にはパスワードなしでログインできるものもあります。

パスワードの確認は現地の通信会社やスポット提供しているカフェなどで確認する必要があります。

カフェではWiFiが利用できるスポットがけっこうあります。

カフェならだいたいつながる

韓国にもスターバックスは韓国系のカフェがあり、そうしたスポットではWiFi提供をしているケースが多く見られます。

WiFiを利用したいならカフェに行くといった手もあります。

韓国のカフェのWiFiスポットにはマイクやイヤフォンを使って海外にアクセスしている外国人の姿も見られます。

日本とやり取りしている日本人に遭遇することもあることでしょう。

恋人や家族との連絡もWiFi環境でラインを使って連絡すれば無料で連絡することが可能です。

最近は無料通話が可能なアプリも増えています。

Skypeなどもその1つです。

韓国旅行でソウル入りする人がダントツ多いかと思いますが、ソウルのWiFi事情についても気になるところです。

ソウルのWiFi事情は一体どうなっているのでしょうか。

ソウルでは地下鉄を利用して移動するといった人も多いことでしょう。

ホテル沿いなどでも地下鉄があるかどうか?で選ぶ人もいるくらいです。

韓国のソウル市内であればカフェも多いですし、WiFiも利用できます。

韓国旅行でWiFiが使いたくなったらカフェに入りましょう。

予約と支払い

オレンジ色の星マークでおなじみ

ジェットスター

オーストラリアのカンタス航空の子会社であるジェットスター航空は格安航空券を販売するLCCとして人気があります。

国際線をイメージするかもしれませんが、国内各地の空港に就航しています。

また飛行機は費用が高いというイメージを覆し、新幹線よりも安い値段でチケットを販売しています。

これは徹底的なコストカットと、料金制度の細分化が関係しています。

もしかしたら旅行の計画を立てている段階で、利用するかどうか考えているかもしれません。

予約や支払いの方法を知っておけば、実際に予約をする際にわからなくなってしまうといったトラブルを避けられます。

予約方法

ジェットスター

予約は公式ホームページから行います。

公式ホームページにアクセスするとフライトを検索という場所があります。

プルダウンして出発地と到着地を選択すると、往路、復路それぞれの日程を選択する画面に移動します。

日付と搭乗者の人数をチェックしてフライトの検索をかけます。

検索の際に行きたい日にちで調べるか、最低運賃を指定して検索するかが選べます。

格安航空券を探す場合には、最低運賃を検索するにチェックを入れてください。

その後検索をかけると最低運賃が表示されます。

最低運賃はグラフのオレンジのバーで表示されるので、格安航空券をチョイスしたい場合にはその日付をクリックします。

往復のチケットを購入する場合は、往路、復路それぞれを選択しましょう。

その後運賃タイプがみることができます。

基本運賃ちゃっかりPLUSしっかりMAXの三種類が表示され、好みのプランを選択し、次に進みます。搭乗者情報を入力し、シートの選択、追加オプションを選択すると、支払い画面へ進みます。

支払方法

ジェットスターで予約を完了させるには支払いを済ませなければいけません。

支払い方法はクレジットカード、auかんたん決済、コンビニ決済、銀行ATMおよびネットバンキングから選べます。

クレジットカードで決済する場合、暗号化されたサイトで決済を行うため情報が洩れる心配はありません。

クレジットカードでの支払いが不安であれば、コンビニ決済もしくは銀行ATMからの振込を利用すると良いでしょう。

支払いが完了すると、バウチャー(※)が有効になります。

※航空券の引換券

予約内容はメールで送られてきます。

添付されている資料をプリントアウトするかメール画面を当日チェックインカウンターで見せれば大丈夫です。

預入手荷物の追加は、ネットから再度決済をすることで可能です。

スマホで予約できるか

モバイル予約は可能か検証

スマホ

ジェットスターの格安航空券を購入するにはインターネットへのアクセスが必要ですが、スマートフォンからは予約ができるのでしょうか。

LCCによってスマートフォン向けのサイトを用意している航空会社とそうでない航空会社があるので、気になるかもしれません。

ジェットスターのホームページにスマートフォンでアクセスしてみると、スマホ専用サイトが表示されます。

空席やチケットの値段の確認、予約もすべてこのサイトからできるようになっています。

予約方法はパソコンからと同じです。

スマートフォン向けサイトはシンプルにまとめられているので、使い勝手が良く、予約もスムーズにできるのが特徴です。

ブラウザは標準ブラウザに加えてchromeも対応しています。

予約する際の注意点

スマートフォンから予約を行う場合、画面表示が小さいので、予約の日付を間違えないようにしましょう。

予約ボタンをタップする前に、予約内容に目を通して日付プラン受託手荷物の項目などをチェックしましょう。

間違って決定ボタンを押さないように気を付けましょう。

スマートフォンからの予約を行う場合も、決済方法はインターネットと同じです。

クレジットカードで支払う場合、カード情報を入力します。

カード情報の入力でありがちなのクレジットカード番号有効期限の間違いです。

間違って入力すると支払いができないため、よく確かめてから支払うようにしてください。

ネットバンキングから支払う場合、スマートフォンで予約から支払いまでがすべて完結するのでとても便利です。

カード情報などのデリケートな情報はすべて暗号化されているため、他の人に見られるリスクは低いです。

ただし公衆無線LANを利用する場合は注意が必要です。

※通信内容が保護されていないのであなたの情報が丸見えになってしまいます。

不正アクセスを防ぐために可能であればモバイル通信を利用するか、自宅の無線LAN、もしくはVPN接続の利用をおすすめします。

アプリという選択肢

アプリ

スマートフォンから予約をするのに便利なのがスマートフォン向けのアプリです。

ブラウザでアクセスする必要がなく、格安航空券のリサーチや座席の予約、予約の参照などが可能です。

公式アプリを活用することで、スマートフォンからのチケット予約がより簡単になります。

支払いもすべてアプリで完結します。

フライト当日の予約確認もできるので、とても便利なアプリです。

スマートフォン向けアプリはandroid、iOSそれぞれ無料で提供されています。

スマートフォンから予約ができるので、通勤途中などにチケットを予約することもできます。

いまでも旅行代理店から予約できるのか

インターネット予約がメーンの時代

チケット予約は公式ホームページでの予約が基本になってきていますが、昔ながらの旅行代理店で購入する方法もあります。

ネットからの予約は自信が無い、ネット上で個人情報を入力するのは不安という方は、窓口販売でチケットを購入すると良いでしょう。

ジェットスターを始め、国内のLCCのチケットは旅行代理店でも販売しています。

旅行代理店なら、スタッフがこちらの要望に合わせてチケットを探してくれるので、自分で探す手間が省けます。

しかもLCCならチケット代金がリーズナブルなので、費用が浮いた分をホテルの予約に回すといったことも可能です。

窓口でチケットやホテルの予約が完了するので便利です。

まずは電話で確認

ジェットスターのチケットを扱っているかどうかを確認するには、電話もしくはネットを利用します。

既にどの旅行代理店から購入するかを決めているのであれば、電話を入れてみてジェットスターのチケットの取り扱いがあるかどうかを確かめておくとよいでしょう。

チケットの取り扱いがあるなら、窓口で毎日の価格をチェックすることも可能です。

座席の予約以外にも、ジェットスターを利用するツアー商品が販売されていることもあります。

ツアー商品はチケットとホテルを手配するよりも割安になる場合が多くねらい目です。

旅行代理店経由で申し込む場合、取扱手数料がかかります。

この分だけ割高になる可能性があるので、申し込む場合には注意が必要です。

旅行代理店によってはポイントがたまる場合もあります。

ポイントは旅行券などに交換可能なので、その分だけお得になります。

ツアーの場合は直前割などを利用することで、旅費を大幅に抑えられます。

DeNAトラベル

ネット系の旅行代理店から申し込む方法もあります。

DeNAトラベルなら、国内LCCの取り扱いがあり、ジェットスター以外にもバニラエアやピーチの座席予約が可能です。

それぞれの値段を比較して、より安い航空会社を選択することができるでしょう。

DeNAトラベルは時折キャンペーンを実施しています。

うまくキャンペーンを活用すれば、航空券代などが割安になります。

ケースバイケースですが、旅行代理店価格がLCCの正規料金を下回ることもあります。

ジェットスターの格安航空券を探している場合は、LCCの料金と旅行代理店とを比較して決めることが安く購入するためのポイントです。

DeNAトラベルは会員向けのセールを実施することもあります。

事前に会員登録を済ませておけば、すぐに予約ができるので便利です。

予約後の旅程表発行

予約ができたからといって安心しない

ジェットスターの格安航空券の予約が完了した後、チェックインまでの間に確認メールが届きます。

確認メールには予約番号旅程などの詳細が記載されています。

予約後に送られてくるメールは削除せずにチェックインまで保存しておくようにしましょう。

予約確認メールには旅程表が添付されています。

旅程表を印刷し、チェックイン当日にチェックインカウンターに持参しましょう。

それでも心配になるのが予約確認メールを誤って削除した場合や、旅程表を破棄してしまった場合です。

かつてはボーディングパスが事前に発行され、自宅に郵送されることもありましたが、インターネットが発達した現在、ボーディングパスが事前に送られてくることはなくなりました。

そうなると旅程表などが手元になくてもチェックインはできるのでしょうか。

予約番号が一番大事

ジェットスターの旅程表には出発時刻到着時刻座席番号預入手荷物の有無などが掲載されています。

なかでも重要な記載事項が予約番号です。

予約番号さえあれば、当日旅程表を忘れてしまった場合や、メールを削除してしまった場合でもチェックインが可能です。

予約の段階で予約番号が発行されたなら、手帳などにメモを取っておけば、万一の時にも安心できます。

誤ってメールを削除してしまった場合、予約番号の確認ができなくなるかもしれません。

その場合はジェットスターのコールセンターに問い合わせてください。

本人を確認するための情報を伝える必要がありますが、予約番号を教えてもらえます。

予約番号があれば、いつでも旅程内容を確認できます。

ジェットスターの公式ホームページにあるログインページに予約番号、メールアドレス、パスワードを入力してください。

もしネットの利用について不安があるなら、あらかじめ予約番号が掲載された旅程表を印刷しておくと便利です。

気づいたときには遅かったなんて場合も

空港に着いてから予約番号が分からなくなってしまうこともまれに起こります。

このような場合は慌てずにチェックインカウンターでその旨を伝えてください。

その場合、チェックインカウンターで本人確認書類などを提出することで予約番号を確認してもらえます。

ジェットスターではウェブチェックインを導入しています。

ウェブチェックインは出発の48時間前から可能です。

ウェブチェックインを済ませると、ネット上でボーディングパスが発券されます。

ボーディングパスは印刷して当日持参しましょう。

受託手荷物がある場合はウェブチェックインを利用できないので注意してください。

予約の変更方法

予定が変更になった場合

ジェットスターの格安航空券を予約した後に変更する場合、どのようにしたらよいのでしょうか。

LCC各社は格安航空券の変更について条件付きで認めている場合があります。

ただしセール対象運賃については
変更や払い戻しを一切受け付けない場合があるので注意が必要です。

前もって予約後の変更について理解しておけば、失敗する心配がありません。

ジェットスターの予約の変更はすべてWEB上で行います。

変更する場合は、予約番号とパスワードを準備は必要です。

公式ホームページの予約の変更ページで変更が可能です。

予約番号とパスワードなどを入力してください。

交換というわけにはいかない

変更する場合に注意したいのが航空券の値段です。

変更希望日の運賃が変更前の日程よりも高い場合、差額分を支払うことになります。

それとは反対に変更希望の日程の運賃が変更前よりも安い場合、差額分の返金はありません

変更する場合には、航空運賃の差額は確認してください。

また手数料がかかりWEBサイトとコールセンターで異なります。

コールセンターや空港で変更する場合の方がWEBサイトで変更するよりも高く設定されています。

ちなみに2016年12月現在でWEBサイトからでの変更手数料は3240円です。

そしてコールセンターや空港での変更手数料は4320円です。

差額分の運賃に加えて、変更手数料が余分にかかってしまうので、予約段階で慎重に考えることをおすすめします。

それ以外にもクレカ、コンビニ支払いなどの際に利用手数料が加算されます。

ちなみに航空券の差額分が0円の場合でも、少なくとも3000円以上の手数料がかかることを覚えておくとよいでしょう。

ギリギリでもOKなジェットスター

ジェットスターの予約変更はチェックイン直前まで可能です。

空港カウンターに着いた時に緊急事態が発生し、どうしても予約を変更しなければならない場合も、チェックイン前なら変更できます。

この場合もスマートフォンからジェットスターのWEBサイトにアクセスすれば、チェックインカウンターよりも割安な価格で変更ができるのでおすすめです。

手数料がかからない変更方法もあります。

それは予約時にStarter PlusもしくはStarter Maxを申し込む方法です。

予約時のお金はかかるが、運賃の差額分のみで変更が可能です。

もし先に予約を行い、後になってから変更する可能性があるなら、Starter PlusもしくはStarter Maxで予約をしておくことをおすすめします。